フランス旅行 ヨーロッパ旅行 家族旅行

雑費

これまで、飛行機、レンタカー、宿、食材、軽油、食事・・、
と見てきました。

かかった費用は、これで全てです。

 

記していない物で細かい物がありますが、キャッシュでの払いです。

 

食材のページに記した現金が全てで、
それ以外にキャッシュは必要ありませんでした。

 

旅行の最終日、成田空港に到着し、
持っていた15ユーロ分の札を両替すると、
2358円が戻ってきました。

 

 

キャッシュで支払った物は、

 

オーベルジュでの食事代や、
フランス滞在最終日近くの食材やみやげ代です。

 

高速道路料金も現金で支払いました。
11ユーロ程度だったと思います。
カードでの支払いも大丈夫でした。

 

レンタカーの燃料を満タンにするため、
最終日に軽油を現金で支払いました。

 

それくらいでしょうか・・。

 

 

フランスというと、
ショッピング、ブランド商品を、連想する方も多いのでしょうが、

 

筆者はそんな物にはまるで興味がなく、一円のお金も使いません。

 

母は近所に配るみやげだと、板チョコをたくさん買っていました。

 

酒飲みの妻は、カオールワインを3本買っていました。

 

10歳の子供はカフェオレカップ、
5歳、2歳の子供には当地の本を買いました。

 

筆者は、滞在先周辺に、ポツポツと咲いていた、
ナデシコの種をいくつか買いました。
ちょっとお洒落な、
ボルドーと書かれた1人用のまな板も買ってしまいました。

 

 

話はそれますが、筆者は結婚当時、理由あって、
婚約指輪だの、結婚指輪だのと買っていません。

 

この旅行で、
オルレアンにて、初めて妻に対して指輪を買いました。
値段は内緒にしておきます・・。

 

 

このような事で、
海外でのお金は費やされていきました。

 

 

お金を中心にした話は、
これくらいで終わりにします。

 

 

トップへ戻る

 

 

 

 

 

ご案内